菊地とあっちん

赤ん坊両人は以前から公文に通っている。
探究は決してごみごみ、口出ししたくないから随分何してるかとかは知らなかったんだけど、わたしEnglishを探究しないといけなくなってしまって、こないだようやく赤ん坊の公文のプリントを見てみた。

かなり耐え難い企業やってるー。
丁度、無償事実内輪だったので、大人も無償体験できるか聞いてみたら、「やりたいって言ってこられたかたはいないですけど、大人のお客様も受付けますよー」と言っていただいたので、申し込んでみた。

「どのへんからやります?」と言われて幾らか苦しむ、、、。
マシュマロヴィーナス
二度と20層ぐらいEnglishは関係ない一生してるから、中学用ぐらいからやった方がいいのかなー。

も、6層の赤ん坊から、簡単な会社をやるのは不愉快だったので、赤ん坊がやってるレベルの仲間上にしてもらった。無駄に負けず嫌い、、、。

タッチするとEnglishの声が広がる鉛筆も借りて、赤ん坊が勉学にいってる間にやってみた。

学生時代を思いだすなあー。
久々に心中使った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です